「杜のひろば」は、「百年の杜づくり」推進のために、仙台市の委託により公益財団法人仙台市公園緑地協会が運営するみどりの情報サイトです。

杜のひろば

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 緑の施設案内
  • 緑の相談所
  • おゆずり情報
  • 緑化助成・支援
  • リンク

2019年5月 今月の園芸作業

今月の二十四節季

(立夏・りっか)旧暦3月18日 新暦5月6日

夏の気配が感じられる。晴れた空に風が薫り、野山が緑に染まる季節です。

(小満・しょうまん)旧暦4月4日 新暦5月21日

すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める。草木や虫、鳥、動物。生命があふれます。

庭木・花木

花が終わった春咲きの花木は順次、花後剪定を行い、お礼肥を与えておきましょう。

寒さに弱い常緑樹は、この時期に植え替えや植え付けができます。病気や害虫も目立ち始めるので注意が必要です。

果樹

これから開花する果樹も多く、人工授粉や摘果を行います。新梢の生育が旺盛になるので、生育に遅れないよう支柱や棚への誘引を行います。ウメやアンズなどは、伸ばしたくない新梢を摘心すると徒長を防ぐことができます。

草花

込み合う花壇や多年草の枝葉は整理し、日差しや風通しを確保します。

秋植え球根類は地上部が枯れたものから掘り上げて保存できます。

夏から秋に咲く草花の種まきが適期です。アサガオ、ジニア、サルビア、マリーゴールドなどはポリポットにタネをまき、春の花壇が咲き終わる頃に定植できます。

観葉植物

観葉植物も生育が始まります。徐々に外気に慣らし、屋外の日陰などに出して育てましょう。葉が厚く締まった株に育てることができます。屋外では、土が乾いたらたっぷり水を与えるほか、週に1回程度、午前中に葉水を与えると新葉の展開がよくなります。

洋ラン

ほとんどの洋ランが戸外で管理できるようになります。種類によって好む日光の強さが異なります。手持ちの株を確認し、置き場所を作りましょう。

新芽が鉢からはみ出してしまいそうな株やミズゴケが傷んだ株などは、早めに植え替えをしておきましょう。

ページ最上部へ戻る

前のページへ戻る

公益財団法人 仙台市公園緑地協会 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪1-3-35 TEL:022-293-3583 FAX:022-293-3605 Copyright(C) Sendai City Green Association All right reserved