「杜のひろば」は、「百年の杜づくり」推進のために、仙台市の委託により公益財団法人仙台市公園緑地協会が運営するみどりの情報サイトです。

杜のひろば

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 緑の施設案内
  • 緑の相談所
  • おゆずり情報
  • 緑化助成・支援
  • リンク

2020年1月 今月の園芸作業

今月の二十四節季

(小寒・しょうかん)旧暦12月12日頃 新暦1月6日

この日から寒の入りで、寒気が増してくるころ。

(大寒・だいかん)旧暦12月26日頃 新暦1月20日

冷気が極まって最も寒さがつのるころ。雪や氷のある日が続きます。

庭木・花木

落葉樹のほとんどが休眠に入り、剪定の季節です。果樹の剪定は、樹種ごとの花芽や実のつき方をしっかり理解してから行いましょう。また、冬は枝や幹が観察しやすいので、カイガラムシなどの害虫を見つけやすい時期です。冬の間に防除しておきたいものです。

鉢植えの樹木は、冬でも水やりが必要です。土の表面が乾いたら、晴れた日の日中に鉢底から流れ出るまで十分与えます。

草花

室内で育てている鉢植え草花は、明け方の冷え込みや暖房の効きすぎにも注意が必要です。室内の水やりは、部屋によっても大きく違ってきます。一鉢ごとによく観察してください。

戸外の花壇や鉢植えの草花は、霜柱による株の浮き上がりや乾燥を防ぐために「マルチング」や霜よけを行うのも効果的です。

観葉植物

日照時間が短く気温も下がるので、熱帯植物には厳しい季節です。種類にもよりますが、できるだけ10℃以上を確保しないと落葉する可能性がありますので、保温に注意します。

洋ラン

全ての洋ランは、室内の窓辺の日光ができるだけ当たる場所に置きます。特につぼみのある株は、一番日当たりのよい場所に置きましょう。つぼみに十分な日光が当たらないと、本来の花色が出ない場合があります。

水は、植え込み材の表面が完全に乾いてから2〜3日待って与えます。全ての洋ランに肥料は必要ありません。

ページ最上部へ戻る

前のページへ戻る

公益財団法人 仙台市公園緑地協会 〒983-0842 仙台市宮城野区五輪1-3-35 TEL:022-293-3583 FAX:022-293-3605 Copyright(C) Sendai City Green Association All right reserved